レーシックと老眼の関係

レーシックの手術を受けると、今は見えるようになるのでよいけれど、
後に、「老眼になるのが早くなる」という噂を耳にすることがあります。
この噂は本当なのでしょうか?

老眼とは、誰にも起こる眼の老化のことです。
水晶体の弾力性がなくなったり、毛様体の筋力が低下することによって老眼が起こります。
弾力性がなくなったり、毛様体の筋力が低下するのは「老化」が原因なので、どうしようもありません。

水晶体は、物を見るときにピントを合わ、遠くを見たり近くを見たりする際、
きちんと見えるように調節してくれる働きを担っています。
そして、毛様体は、この水晶体の厚みを調整する働きを担っています。
つまり、毛様体は、水晶体のサポートをしているのです。

この毛様体や水晶体の力が弱まってしまうことにより、
近くのものをみようとするとピントが合わずぼやけたりするのです。

さて、レーシックとは、角膜の手術のことです。
水晶体や毛様体には関係ありません。
つまり、レーシックをすることによって老眼が早くなるという噂は、真実ではないことが分ります。

ただ、レーシック手術を受けると、
その後、少し遠視気味になることがあります。
そのため、レーシックによって眼に負担がかり、老眼の遠視になったのではないか?
と勘違いする人が多いのだそうです。

老眼と関係がありません。
レーシック手術を受けても、老眼が早くなることはありませんから、
「老眼が心配」という理由で、レーシック手術を躊躇する必要はありません。

Leave a Reply